講座レポート

12月8日、NAGASAKIしごとみらい博を開催しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
長崎若年者地域連携事業の一環で、学生と企業・自治体の交流を通して長崎県の活性化を図る催しです。
長崎労働局、長崎県、長崎都市経営戦略推進会議、佐世保地域経済活性化推進協議会、COC+、各大学、そして県内学生有志たち…いろんな力が集まって、企業・自治体100機関http://jobnetwork.jp/job_expo2018/exhibitorと900名近い学生との大交流会が実現しました。
会場は活気にあふれ、大盛り上がり。「企業と学生の集団お見合い」の色合いの強いイベントです。がその意図を乗り越えて、「しごと」「みらい」をキーワードに大人と学生が真剣に語り合う深い「対話」が起こっていたのは感動的でした。
小山は、出展機関対象の事前セミナー講師と、三階ギャラリー席からの全体進行を担当。万全の準備を重ねて来てくれた現地スタッフ、日本青少年協会本部スタッフを後方支援しました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加