講座レポート

12月16日、日本青少年育成協会主催の「プレ・中国語スピーチコンテスト」が開催されました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本青少年育成協会では、中国政府公認のHSK中国語検定を主催し、年間3万人近い受験者を集めています。その成果発表会・アワードの意味合いで次年度からスタートするイベントのプレ開催です。

ユニークなのは、単なるスピーチではなく、様々な発表スタイルをとっていること。京劇あり、クイズあり、音楽あり…。
その1つが、「キツネとタヌキの物語」の吹き替え!
教育コーチングの理念を表現した7分間のアニメ。登場人物であるキツネ、タヌキ、スナネズミ、カラス、リス、トラ、お妃様等を、中国語検定4級前後のみなさんと、6歳のバイリンガル少女が熱演してくれました。

アニメの作り手の小山や教育コーチングトレーナーの皆さんも感動!
会場にいらっしゃった中国人のみなさんにも、教育コーチングの理念がしっかり伝わった様子でした。

これを機に、大陸に教育コーチングが広まるか⁈

  • このエントリーをはてなブックマークに追加